高卒転職ナビ|成功のため必ず押さえるべきポイント

*

企業への問い合わせは細心の注意を

   

①求人企業へアプローチしよう
 就職活動において、求人を出している企業にアプローチしないことには、就職することはできません。新卒者と既卒の人でアプローチの方法は異なります。既卒であれば在学中に説明会などに参加したりといったアプローチの方法がありますが、既卒者の場合には直接アプローチするか、転職サイトやハローワークなどを使って間接的にアプローチするかになります。ハローワークなどから求人企業にアプローチする場合には、気になる企業を職員と相談し、職員から企業へと確認を取ってくれます。そこから本人のアプローチがはじまります。また、求人誌などから直接企業へと応募する方法もあります。既卒者の場合は中途採用となりますので、新卒者と違った求人情報を集めなくてはいけません。新卒者の就職活動とは違って、全て自分でアプローチをしなくてはいけないのです。

②転職サイトで選んだ企業へ問い合わせをする際の注意点とは?
 転職サイトは求人情報を集めるのに最適な媒体の1つです。そこから気になる企業へと応募する際には、その転職サイトを通しての応募となりますが、その掲載されている情報だけでは分からない部分に関しては、直接企業に問い合わせをしても問題ありません。転職サイトに問い合わせをして確認することもできますが、それだけでは当然不明なこともあります。そのため、直接電話しても良いのです。その際には、必ず良い印象を与えることを心がけましょう。企業の対応してくれた人間は、少なからず採用を考えての対応となりますので、言葉遣いや声のトーンは注意してください。また、企業は電話以外にもメールにて質問などを受け付けている場合が多いです。電話とは違って簡単に行えますが、ここでも電話と同じで悪い印象は決して残さないようにしましょう。誤字脱字はもちろんですが、英語を使う際にはスペルの間違いなどないように気をつけましょう。そして文章ですが、要点をまとめて読みやすい文章にしてください。質問内容が不明確だと回答する側も困りますし、印象が悪くなるかもしれません。メールだと簡単に送信できてしまいますので、最低2回は文章を読み返してチェックしてから送りましょう。

 - 転職サイトを活用する

  関連記事

2samune
転職サイトは使い方次第で武器になる!

1.転職サイトの特色とメリットとは?  転職の必須ツールとしてだいぶ浸透してきて …

kz0010009032l
簡単!応募フォームへ入力スタート

①応募フォーム入力の注意点    高卒で就職をするとき、高校の就職支援を利用した …