高卒転職ナビ|成功のため必ず押さえるべきポイント

*

会社から引き止められても真摯に対応すれば大丈夫

   

もし引き止めに応じてしまったら?

会社から引き止めにあった時、まず考えてみたいのは、「もし引き止めに応じたら、どのような将来が待っているのだろう」ということ。

・一度辞めると言い出したこともあり、その後の仕事にやりにくさを感じるようになってしまう
・次に辞めたいと思っても、それを安易に言い出せなくなる
・昇進や昇給に響く可能性も否定はできない
・周囲の自分を見る目が変わる可能性もある

もし引き止めに応じれば、こうした弊害やデメリット、リスクが考えられるでしょう。会社によります、一緒に働いている人にもよります、しかし、きっと万事解決というわけにはいかないはず。

それも考え、引き止めに応じるのか、それとも退職(転職)を強行するのかの決断を下すようにしてください。

強い意志を持って話し合いの場に参加する

会社から引き止められる時、「少し時間を作って欲しい」などと上司から言われるかもしれません。もっと軽い感じで、「ちょっと飲みに行こう」と誘われることもあるでしょう。
もちろんそれは、じっくりと時間をかけながら和やかな雰囲気の中であなたを引き止めようとするための誘いと考えられます。

強い意志を持って話し合いの場に臨んでください。そして、その強い意志を話し合いの場でしっかりと示すこと。そうすれば相手にも納得してもらえるか、諦めてもらえるところまで持っていけるのではないでしょうか。

そうした場では、相手の話もしっかりと聞くことを意識しましょう。その後で自分の主張をしっかりと行うこと、その順番を間違わないように気をつけたいところです。

理由を聞かれたら丁寧で明確な説明を

「どうして辞めなければならないのか」といった理由を尋ねられるはずです。上司などはあなたを引き止めたいわけですから、そのために理由を把握しておきたいのは当然のこと。

そう聞かれたら明確な理由を丁寧に説明してください。退職届などには“一身上の都合”と書いておけばいいのですが、話し合いの場ではそれは通用しづらいでしょう。
会社のことは否定・非難せず、あくまでも前向きで、しかし引き止めづらくなるような理由をしっかりと答えること。こうした対応も引き止めをかわすのに必要な対処法となるはずです。

 - コラム

  関連記事

no image
30歳で目指す、ジョブチェンジ転職!

1.30歳ならキャリアチェンジができる!  新卒で就職活動をしているときに、自分 …

no image
仕事探しの20代のブラック企業の見分け方

1.20代を食いものにしているブラック企業の実態  2013年8月11日に第2回 …

この会社は自分に向いていない!と感じていたら?

 転職をして新しい環境で頑張ってきてしばらくしてから“この転職は失敗だったのでは …

no image
20代、初めての転職成功術~その進め方~

1.20代が転職を考える理由は?  一生懸命就職活動をして、新卒で採用されたにも …