高卒転職ナビ|成功のため必ず押さえるべきポイント

*

給料の上がる転職は難しい?

   

 転職をするということは、職場を変えるということ。ヘッドハンティングならまだしも、自らの意志で転職を思い立ちそれを実行する場合、前職よりも給料の良い職場への転職を成功させるのは容易なことではありません。しかし不可能でもないでしょう。まず、どんな職種を選択するのかにもよります。高卒者であれば初任給が10万円代半ばやそれを下回ることも珍しくはありません。その待遇に辟易し転職を目指すのであれば、そもそも給与の水準が高い職種に転職することで給料をアップさせることができるはずです。ただ、前職と同じ職種の場合には、やはり引き抜きなどがない限りは給与アップは困難。同じ職種であれば会社の規模に左右されるでしょう。中小よりも大手の方が条件は良いはず。転職していきなり前職よりも給料を受け取るのはよほど経験や実績がなければ難しく、最終学歴が高卒であることを考えればやはりすんなりとはいかないと思いますが、転職先でその実力が認められる、会社の業績自体がアップするなどすれば、次第に給与が上がっていくことも決して非現実的な話ではありません。

【好条件・高待遇は鵜呑みにしてはいけない?】

 転職活動をすると多くの人が目にすることになる求人情報。これらの情報を掲載している企業は、多くの優秀な人材に集まって欲しいと思っています。ですから自らの企業を悪く言うところはまずありません。しかし、それが過剰な演出となり、時には好条件・高待遇をちらつかせ、人材を集めようと企む企業も存在。こういった求人情報には十分に注意しましょう。嘘を記載しているところはあまり多くはないでしょう。しかし、具体的な好条件や高待遇のモデルケースはその会社で長年働いている人や重要な役職についている人であることが多く、転職した人がそれらの待遇を受けられるとは限りません。具体的な条件や待遇が記載されておらず、ただただ「好条件・高待遇」と記載されている場合にはさらに要注意。ここだけに着目して転職先を選択すると、あまり良い結果はついてこないでしょう。高卒であるというコンプレックスからどうしても条件や待遇には惹かれてしまうかもしれませんが、安易に鵜呑みにしないこと。それよりもやりたいことやできることを優先して転職活動に励んだ方がメリットが大きいはずです。

 - 転職前に知っておきたいこと

  関連記事

no image
転職に不利になる人の特徴と求められる人材

転職に不利になる人の特徴とは?  高卒に限らず、世の中には転職が不利になる人が少 …

no image
職種を変えての転職は成功する?!

①業種・職種を変える転職は困難?  高卒で転職を考えているひとの中には、業種や職 …