高卒転職ナビ|成功のため必ず押さえるべきポイント

*

転職に不利になる人の特徴と求められる人材

   

転職に不利になる人の特徴とは?

 高卒に限らず、世の中には転職が不利になる人が少なくありません。では、どんな人が転職に不利なのでしょうか。まず、短期間で職を転々としている人です。まして、業界や職種にも一貫性がないようだと、書類選考を通過するのも難しいでしょう。

 その理由は、即戦力として対応できる専門スキルがないと思われるからだけでなく、コミュニケーション能力や我慢強さを疑問視されるからといえます。せっかく採用しても、あっという間にやめられたとしたら、企業は時間もお金もロスすることになるので、避けられてしますのです。

 そして、履歴書や職歴欄にブランクが長い人です。体調を崩して療養していて現在は仕事に支障がないとか、仕事に必要な資格を取得するために勉強していたなど、企業が納得する理由ああれば別ですが、そうでない場合は、即戦力としてはみなされず、選考では不利になることが多いです。
 
 また、異業種からの転職も、年齢によっては不利になることがあります。転職活動を始める前に、自分の市場価値をしっかり確認して、そのうえで対策をたてるようにしましょう。

企業が求める人材の特徴とは?

 高卒で転職を考えるとき、キャリアアップを目指すなら、企業が求めるニーズをキャッチして、そこにマッチする人材であることをアピールするのが一番です。では、企業が中途採用者に求める能力とは、一体何なのでしょうか。

 それは、ビジネスマナーの基本がしっかり身についているだけでなく、これまでのキャリアと経験を活かして、指示を待たずに、成果をあげるために自分で考え、行動することのできる人材です。

 また、前職での経験を活かし、業務の効率アップやシステムの改善など、見つけた課題に対して提案ができたり、既存の社員といち早く人間関係を築けるコミュニケーション能力や協調性があることも、採用の際には重要なポイントになります。

 また、30代以降の中途採用者であれば、将来は管理職として、組織運営を担っていくことも期待されています。プロジェクトでリーダーシップを発揮したり、マネジメントスキルを磨く努力をすることも、企業にとっては魅力的なポイントになるでしょう。企業の視点で考えながら、自分のアピールポイントを探してみてください。

 - 転職前に知っておきたいこと

  関連記事

no image
給料の上がる転職は難しい?

 転職をするということは、職場を変えるということ。ヘッドハンティングならまだしも …

no image
職種を変えての転職は成功する?!

①業種・職種を変える転職は困難?  高卒で転職を考えているひとの中には、業種や職 …