高卒転職ナビ|成功のため必ず押さえるべきポイント

*

電話が苦手では社会人は務まりません!今日ここで、その苦手意識を払拭!

   

電話が怖くても、電話を避けることができないのが社会人

 最近はメールやインスタントメッセージなどで会話をする人が増えているため、電話をする機会そのものが減っているようです。それが原因なのか、電話で会話をすること自体に苦手意識を持つ人も増えているとのこと。

 しかし、社会人がそうした苦手意識を持ったままではいけません。転職前はよくても、転職すれば電話を受けなければならない機会、逆にこちらから掛けなければならない機会も増えてくるかもしれないので、今のうちにその苦手意識を払拭しておきましょう。

 もし払拭できれば、社会人としてもうワンステップ上のステージへと上がることができ、役職や給与といった点にも、それが現れてくることが期待されます。

電話での会話のパターンを予習しておく

 電話を受ける時・掛ける時のパターンは、さほど多くはありません。受ける時で言えば、会社内の人間を呼び出して欲しいとか、いなければ伝言を伝えて欲しいとか、商品の問い合わせであるとか、非常に限られているのです。

 であれば、それをあらかじめ予習しておくことで、スムーズに受け答えをすることができるようになります。誰かを呼び出して欲しい時の対応も、社内にいる時と不在時を分けて決まり文句を用意しておけばいいわけですし、不在理由や帰社時間をあらかじめ把握しておけば、そうした問いにも対応できるでしょう。

 電話をこちらから掛ける時は、より明確な予習が可能。予習がしっかりと出来ていれば、もう電話を怖がることはないのです。

話すテンポを落とすことを意識してみる

 予習と合わせてしておきたいのが、慌てないための話し方の習得。焦ってしまうと、どうしても早口になってしまう人は結構いるのでは?そうならないよう、日頃からゆっくりと話す癖をつけておきましょう。

 特に電話は、ゆっくりと話した方が相手も聞き取りやすいですし、話し出すまでに次の言葉やパターンを頭に思い浮かべることができるため、会話そのものもスムーズに運ぶことができるようになります。呼吸も整えながら話せるため、リラックスしたまま会話することができるでしょう。

 これを意識し練習すれば、いつの間にか電話の苦手意識も消えているのではないでしょうか。

【関連記事】
入社は第一印象が大切
入社式で自己紹介をするときの注意点
入社前にしておくべきこととは?

 - 入社の際の注意点

  関連記事

入社は第一印象が大切

第一印象で今後が左右される  第一印象というのはとても大切です。相手に良い印象を …

入社前にしておくべきこととは?

提出資料の確認をする  転職をしたらそれで終わりというわけではありません。企業側 …

入社式で自己紹介をするときの注意点

短くアピールする  自己紹介をする場があるのでしたら、短くアピールするように練習 …