高卒転職ナビ|成功のため必ず押さえるべきポイント

*

面接で気を付けておきたい身だしなみとは?

   

スーツを用意する

 企業側から特別な要望がない限り、リクルートスーツを用意しましょう。男性であっても、女性であっても、一着は持っていると便利です。

 リクルートスーツを持っていない、体系が変わってしまったという人であれば、黒のスーツに黒の靴、白いワイシャツのセットで、一組は新調しましょう。

 夏の時期などの場合によっては、ワイシャツは複数枚持っていても損にはなりません。黒のスーツを着て面接に行って印象が悪くなることは決してありません。むしろ、一般的に面接に適した格好ですので、転職活動を始めたらひとつ用意しましょう。

服装以外にも気を配る

 服装と同時に気を配りたい部分は沢山あります。面接の前には、就職希望者として適切な身だしなみを整えます。まず、髪色は黒で清潔感のある髪型にまとめます。

 男性であれば、長い髪は良い印象をもたれません。女性であれば、前髪は目にかからないようにして、長い髪は後ろでまとめます。爪は短く切り、清潔感を持った印象に仕上げます。

 スーツの着方やアイロンの入り方によっても見た目の印象が変わります。女性であれば、化粧の仕方にも工夫をして見るべきです。

【関連記事】
面接で大事なマナー
面接でよく聞かれる質問とは?

 - 面接対策

  関連記事

no image
面接で大事なマナー

第一印象は大切  面接で、第一印象はとても大切です。人のかかわりは、初めの5秒に …

面接でよく聞かれる質問とは?

転職理由について  転職でよく聞かれる質問のひとつが、「転職理由」です。なぜ勤め …