高卒転職ナビ|成功のため必ず押さえるべきポイント

*

30歳で目指す、ジョブチェンジ転職!

   

1.30歳ならキャリアチェンジができる!

 新卒で就職活動をしているときに、自分の適職を見つけられる人など、ほんの一握りしかいません。さまざまな経験をしながら仕事の実績を積み、自分のキャリアについて再考するようになった30歳の転職では、好きな仕事に就きたい」「もっとやりがいのある仕事がしたい」などが、理由になることも多いのです。 それなら、これまでの業界や職種にこだわらない「ジョブチェンジ転職」を実現して、キャリアプランを変更してみてはいかがでしょうか。

2.ジョブチェンジ転職で成功するために

 とはいえ、専門スキルがない、異業種・異職種への転職は、決して簡単ではありません。そこで、注意点をまとめておきたいと思います。

★ここがポイント!
・自己分析と企業研究をしっかり行う
・応募職種でこれまでの経験を活かせる部分を見つける
・ジョブチェンジを決意した理由を、前向きに語れるようにする
・業務で必要なスキルを事前に習得しておく

 ジョブチェンジ転職の場合、企業の採用担当者は、なぜ未経験の仕事にチャレンジしようと思うのか、これまでの経験を仕事にどう活かすつもりなのかを、必ず質問してきます。明確に答えることは意欲の表れになりますし、何より覚悟ができていると判断されます。さらに、グローバルな仕事ならTOEICスコアを730点以上にするなど、努力な明確に見えるスキルを身につけておくと、有利に働くはずです。

さらに自分に価値をつけるためには

 30歳の転職であれば、未経験OKの求人に応募して、面接に進める機会が多いはずです。ですが、同い年の経験者と比較すると、ポイントが低くなるのは否めません。専門スキル以外で、業務効率アップへの提案や職場での協調性など、応募企業にプラスになれる部分を探して、積極的にアピールしてみるとよいでしょう。また、30歳の採用ともなると、将来の幹部候補生としても期待値が高いものです。マネジメントやコーチングのスキルを磨く努力や、業務を進めるうえでの納期意識、コスト意識の持ち方など、マネジメントの視点で意見が述べられると、さらに心象をよくすることができます。その基本になるのは、徹底した自己分析と企業研究です。手間を惜しまず、しっかり準備してください。

 - コラム

  関連記事

no image
20代、初めての転職成功術~その進め方~

1.20代が転職を考える理由は?  一生懸命就職活動をして、新卒で採用されたにも …

no image
仕事探しの20代のブラック企業の見分け方

1.20代を食いものにしているブラック企業の実態  2013年8月11日に第2回 …

会社から引き止められても真摯に対応すれば大丈夫

もし引き止めに応じてしまったら? 会社から引き止めにあった時、まず考えてみたいの …

この会社は自分に向いていない!と感じていたら?

 転職をして新しい環境で頑張ってきてしばらくしてから“この転職は失敗だったのでは …